2種類の炭水化物



さて、私たちはすでに炭水化物について学んできました(2.カロリーのタイプ)。
そこで、ここでは専門的に話を進めていきたいと思います。

 すべての炭水化物食品は、グルコースとして(血糖として知られている糖)血液中に入ります。グルコースはすい臓を刺激し、インスリンと呼ばれる特別なホルモンを分泌させます。インスリンは、どれくらいの糖が血液中にあるかを調節しています。グルコースが血液中にたくさんある場合、身体は多くのインスリンを分泌します。逆に、血液中に非常に少ない場合は、身体は少量のインスリンしか分泌しません。
インスリンには三つの働きがあります。
まず、血液から糖を運び出し、組織中に蓄える。組織というのは、肝臓・筋肉・そして脂肪です。最初の二つの場所はよいのですが、最後のは、減量しようと思っている人にとっては好ましくない場所です。

 炭水化物には2種類あります。
モノサッカライド(単糖類)として知られている単純炭水化物がその一つで、フルーツ・フルーツジュース、ハチミツ、ジャム、テーブルシュガー、ソーダなどに含まれています。もう一つの炭水化物は、単純炭水化物がつながって、複合した、または長い鎖でできた炭水化物のことです。
この複合炭水化物は、単純炭水化物より、インスリンを少なく分泌させます。

 単純炭水化物は、簡単にすばやく分解、消化、吸収されます。結果として、糖が血液中に急激に入り、身体は一度に多くの糖が血液中にあると感じます。
この反応は、状況に対処しようとして起こるものです。血液中に多くの糖がある、または一度に多くの糖が入ると、すい臓はより多くのインスリンを分泌します。これを、複合炭水化物を食べたときの反応と比較してみましょう。

 一般的な複合炭水化物の例をいくつかあげてみると、ジャガイモ、米、パスタ、豆、全粒粉パンなどです。これらの炭水化物は、単純炭水化物よりゆっくりと分解されます。なぜなら、身体はまず長い鎖を裂き、複合炭水化物をつくっている単純炭水化物の鎖から糖を一つづつ切り離していかなければならないからです。その後、長い鎖から切り離された糖が血液中に入っていくわけです。
 単糖類と複合炭水化物の違いは、血液中にグルコースとして入る時の速度と、分泌されるインスリンの量です。簡単な例をあげてみましょう。フルーツジュース200カロリーと、ジャガイモ200カロリーを比べてみます。
カロリーは同じですが、インスリンの分泌量が違うのです。
単糖でできているジュースは、血液中にすばやく入り、そこで急激な糖の蓄積を起こします。身体はインスリンを分泌し、血液中の糖の値を下げ、正常値である70〜110に近づけようとします。
200カロリーのジャガイモを食べた場合、身体は複雑な鎖をつくっているそれぞれの小さな糖の結合を分解しなければなりません。それゆえ、フルーツジュースの場合と比べて、糖はゆっくりと血液中に入り、血液中にたくさんの糖が一度にあると言うことは起こりません。血液中に糖が少なければ、身体は少量の糖を処理すればよいのですから、インスリンの分泌も少なくてすむわけです。

 しかし、すべての複合炭水化物が、常に炭水化物として優れているわけではありません。フルーツはラクトースを含んでいます。これは特殊な糖で、身体によって利用される際にインスリンを必要としません。ですからフルーツは、カロリーも低いですし、ウエイトを気にしている人にとっては、良い食品、賢い選択といえます。 (フルーツジュースは違います。)

 複合炭水化物もまた、インスリンを大量分泌させることがあります。一回の食事で多くの炭水化物を食べれば、炭水化物は比較的早く吸収され、血液に入ります。
これが起こると、身体は過剰な糖を処理しようと大量のインスリンを分泌することによって、血液から大量の糖を取り除こうとするでしょう。このように、インスリンの値が高ければ、脂肪の蓄積が起こりやすいと言うことを忘れてはいけません。





Copyright © 2016 FukusukeWebDesign
BACK HOME NEXT
inserted by FC2 system