カロリーとは



カロリーというのは、どのくらいのエネルギーが食物から得られるのかを計る、計量の単位です。私たちはカロリーを、エネルギーとして、思考するために必要とします。
糖がなければ、脳は死んでしまうでしょう。私たちの心臓も、動くため、身体全体に血液を送り出すために、食物からのカロリーを必要とします。全ての内臓もまた、それぞれの役割を果たすためにはエネルギーが必要です。
起きあがったり動いたりせずに、ただベッドに横になっていても、非常に多くのカロリーを必要としているのです。こういったカロリーは、体内の器官を維持するのに使われます。
カロリーによって、内臓は正常に機能しているのです。ベッドにただ一日中寝ている以上の生活をおこなえば、さらに余分なカロリーが必要となるのです。

 タイプする、職場へ運転していく、仕事で発言する、子供の送り迎え、などと言ったささいな身体作業すべてが、余分なカロリーを必要とするのです。

 あなたの筋肉も、動くのにエネルギーを必要とします。歩くのにもカロリーが必要です。歩く速度が速くなれば、身体はより多くのカロリーを必要とし、走ることになれば、さらにより一層のカロリーが必要となるのです。つまり、動作が激しくなれば、それだけカロリーが必要になると言うことです。
ポイントはこうです。カロリーはよいものであり、悪いものではない。あなたは生きていくのにも、動くのにもカロリーを必要としているのです。

 体脂肪の蓄積につながるのは、過剰なカロリー摂取です。脂肪の蓄積というのは、カロリーのいわば銀行以外の何者でもないのです。多すぎるカロリーが摂取されると、銀行はいくらかのカロリーを後のために蓄えようと口座を開くのです。
この銀行は、そのカロリーを不足した場合に備えてとっておきます。カロリーの不足が起これば、銀行はその蓄えのいくらかを出します。ですから、からだが命を保て、運動もできるのです。

 しかし、銀行がすでに蓄えを持っていて、さらに多くのカロリーが摂取された場合、からだが生存のため、動作のために一日に必要とする分以上は、脂肪の蓄積という形の利益となるのです。

 ダイエットをおこなっている人の多くは、どのくらいのカロリーが必要なのか、全くわかっていません。今まで述べてきたように、身体はただその内臓と筋肉を維持するだけでもカロリーを必要とするのです。内臓も筋肉も、休息しているとき(あなたが全く何もしていないとき)ですら、カロリーを必要としているのです。
この値は、多くの人が思っているよりもずっと大きいものです。これに対して体脂肪はカロリーを必要としません。
個人が一日にどのくらいのカロリーを必要としているかを知る方法はたくさんあります。中には複雑なものもありますが、私は簡単なものを使っています。それはこうです。

◆休息時に必要なカロリー量
1.体重を量る
2.体脂肪率を計る  (カリパー”体脂肪の計測器”が正確)
3.除脂肪体重を量る  (体重−脂肪の重さ)
4.0.045で割る


1.私の体重は60kg
2.私の体脂肪率は、30%  つまり脂肪の重さは、60×0.30=18kg
3.と言うことは、私の除脂肪体重は  60kg-18kg=42kg
4.42÷0.045=933

このように、私は一日に訳933カロリー必要だと見積もることができます。
私の内臓と筋肉が、毎日933カロリーを、ただ正常で健康な体を保つためだけに必要としているのです。私が何かをすれば、たとえば仕事に行ったり、友達を訪ねたり、モールを散歩したり、運動したりすれば、そういった活動をおこなうために、もっとカロリーが必要となるのです。
ですから、一日933カロリーというのは、私が下げることのできる最も低い値だと言うことになります。私にとって、933カロリー以下に落とすことは、不健康であり、危険です。
さらに言えば、それ以下のカロリーでは、必要な微量栄養素(ビタミンやミネラルなど)をとることは不可能となります。

 ここまででおわかりのように、筋肉が多ければ、それだけ休息時に多くのカロリーが必要となります。800カロリーのダイエット、たとえ900カロリーのダイエットでも、私には少なすぎる訳です。小柄な人でも、36kg以上の筋肉はあるでしょうから、一日に800カロリーは必要と言うことです。
言い換えれば、効率よくダイエットをおこなうには
「脂肪を減らすことを考えすぎて、筋肉を減らしてはいけない」とも言えます。なぜなら、余分な体脂肪を燃やす場所は筋肉以外にはあり得ないからです。




Copyright © 2016 FukusukeWebDesign
BACK HOME NEXT
inserted by FC2 system